FC2ブログ

行って参りました。6/12~13 

2011/06/20
Mon. 19:27

先週、実家に行ってきました。
写真は海を中心に撮ってきて、今回は近所の人ではなく、私の友達と会って話をしてきました。

208.jpg
上が5月4日に撮ったものです。 下が6月13日に撮ったものです。

003.jpg6月上旬に、残っていた家が解体されたそうです。それに伴い、ハエが多くなってきました。

002.jpg瓦礫は仕分けされ、それぞれ山になっていました。

001.jpgひっくり返っている車の持ち主が、タイヤを持ち帰ったらしいです。家の解体の際に、引っ張り出された車ですね。
家の中に突っ込んでいたそうです。

006.jpgここ数軒の瓦礫でこの量です。住宅密集地やお店が立ち並んだ場所の瓦礫は如何ほどか……。
そりゃ、終わらない、ですよね。
側溝の泥など、ボランティアの方々がキレイにして下さったそうです。
ありがたいです。

005.jpg
ぶら下がったままの電線もありますが
007.jpg電柱、しっかり立っていますね。
008.jpgこの景色の中で、電柱だけが新しいです。頑張って電気を運んでください。

010.jpg
011.jpg
013.jpg
014.jpg
015.jpg
016.jpg海の掃除をボランティアの方や、地元の人達が頑張ってしているそうです。
ここは、瓦礫などを集めている場所です。

018.jpg
019.jpg祖父の家があった場所から、道路を挟んですぐ。
こんなに海が近いのに、逃げないと言い張った祖父。意味が分からない。生きててよかった。

020.jpg祖父の家があった場所から。
ご近所さんは全て流されています。

021.jpg祖父の家跡地(おそらくこの辺です)

022.jpg海へと行ってみました。

023.jpg震災後、初めて間近で見た海は、酷いものでした。
それでも随分と片付いているのでしょうね。

024.jpg船着場、だったんです。
ここに船があって、ウニとかアワビとか採りに行く船がね、あったんです。
子供の頃は友達と、船に乗って遊んで怒られたりしたんですよ。
夜にわんこと散歩に来て、波の音を聞きながら、星を眺めたりした青春時代もあったんです。
今は何も見えないですけれど。

025.jpgこんな風景、知らない。

026.jpg何をどうしたらこうなるのでしょう。

027.jpg何も無いな。

028.jpg平たい石ばかりなんです。
海に向かって、誰が一番多く石を弾ませられるかを競いました。

029.jpgここで。


030.jpg泳いだんですよ、本当に。
またいつか、そうなる日がくるのでしょうか。

031.jpg
032.jpg水門は、何の意味もなかったのでしょうか。

033.jpgここ、本当に私のよく知ってる場所なのかな……

034.jpg
035.jpg
海面から電柱が出てますね。
湾の中にああいうものがある内は、船が手に入っても沖に出せないんです。せっかくの船が壊れてしまうから。

何だこれは。
そう言って泣く時期はとっくに過ぎたと思ったのですが、海に行って見て、溜め息しかでませんでした。
スポンサーサイト



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

水、でました! 

2011/06/06
Mon. 11:33

たった今、実家から電話がありまして、水が出たそうです!!
仮通水ですので、生活用水としてしか使えませんが(飲めないのです)、それでも蛇口を捻れば水が出るって凄い!

もう、生活用水を汲みに行かなくてもいいなんて!
洗濯手洗いしなくていいなんて!

うきうきな声の電話でした。
飲み水が出るようになるには、まだ時間がかかると思いますが、それでも待ちに待った蛇口からの水です。

よかった。

[edit]

CM: 4
TB: --

page top

被災地の今 

2011/05/30
Mon. 12:12

この暴風雨で、停電したそうです……
家のそばの木の枝が風で折れたとの事。

もうやめてくれ。

友人のソフトバンクも、繋がらなくなりました。


午後二時半ごろ、復旧しました。
よかった。

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

被災地の様子 

2011/05/28
Sat. 13:55

 頂いたチェーンソーで何処を片付けているのだろうか。

 家の下にある、津波が破壊した家かと思っていたのですが、違ったようです。
 何でも、海の方を片付けているのだとか。

 写メ送ってもらいました。
 余談ですが、今写メは弟が撮っています。しかし!彼はもともとメール何かしないので、パケ放題とかにしてないと思うのです。ちなみに私もめったに携帯を使わないので、そんな設定してません。最初の内はやたらと大きな画像を送ってきていて、受取る私も請求書見て目が飛び出ました。あ、携帯会社も他社同士なので、大変な額でした。
 で、何とか画像のサイズを小さくしてもらって(携帯使い慣れてないからこれだけでも大変です。互いに喧嘩腰でやりとりしてました)、私は弟からのメールを自分に転送するというやり方をネットで見つけ、何とかなってますが、弟はどうだろうか……一応、えっらい額の請求書くるよ! とは言ってあります。「しょうがない」って言ってたけど、実際請求者みたら泣きそうだな……。普段使わないから余計に。


 余談が長くなりましたが、ちょっと海の方を載せますね。

200(1).jpg
201(1).jpg
202(1).jpg
204(1).jpg
ここまでが、以前の写真。

ここからが27日の写真。
よく分からないですね。だいぶ片付いたと言っていたので、片付いたのでしょう。
306.jpg
ここは船着き場でした。
ずーっとコンクリートで、小型の船がずらーりとあったのです。
その船で、夏はウニ、冬は鮑の開港に臨むわけです。朝早くから船を出し、専用の道具でウニや鮑を採るのです。
次は、いつ海に出られるでしょうか。
310.jpg
ここには民家もありましたが、ワカメの工場や、簡易郵便局だったか農協さんだったかの平屋の建物がありました。
無いですけど。あったんです。
307.jpg
手前右下の砂利道。ここは道が抉られて無くなり、作った道です。
311.jpg
右から伸びてる堤防。左からも右ほどでは無いですが、堤防がありました。
上の写真にある奴です。地盤沈下で、今はあまり顔を出さないようです。よぼど潮が引かないと見えないのです。
小さい頃よく遊んだんですけどね、この海。

312.jpg
泳いだものです、ここで。
到底泳げる場所には見えませんが……。


今日はまた工事が進んでるようですが、これは昨日27日の写真です。
308.jpg
309.jpg
313.jpg

電気、早く皆のところにつくといいな。
発電機での限られた時間じゃなくて、トイレにだって懐中電灯持って行かなくてよくて、一人に一個懐中電灯持たなくてよくって、流し場とか、懐中電灯の置き場に苦労しなくてよくて、テレビだって長時間見れて、玄関をちょこっと開けておかなくてもよくて……。
電気ついたら泣くんじゃなかろうか。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

被災地の今日 

2011/05/28
Sat. 09:43

 おはようございます。
 さっき母から電話がありました。
「あのねー、今ね、電気屋さんがきてんの」
 うん、電気屋さんっていうか、工事の方々ね。
「今日の夜は電気、つくかもよ」
 そうだといいねー。
「うふふふふ」
 嬉しいね。
「でも今雨が降りそうでさ」
 早いとこ工事してほしいね。
「雨降ると滑ったりして危なくなって、工事ストップするかな」
 うーん、そうかもね。でも頑張って欲しいね。
「頑張ってもらおうと思って、今リポD冷やしてんの。昨日貰った氷で」
 ああそう、リポD飲んで頑張ってくれるといいね。
「うん、じゃあね~」
 はいはい。

 という会話をしました。

 およそ2ヶ月半ぶりの電気、どんな気持ちで工事を見ているのか、私には分かりませんが、ものすっごく楽しみにしているようです。
 
 皆電気がくればいいのにな。
 話を聞くと、山奥とか、あとは理由は分からないけれどまだ電気がきそうに無い場所もあるそうです。
 家は、山の木の枝が電線に触れそうで、昨日は工事を断念したみたいです。
 山の持ち主に連絡して、枝だけでも切っていいか確認を取って、父がチェーンソーで切るようです。
 チェーンソー、大活躍ですね、本当にありがとうございました!
 今日は一日、そわそわしちゃいますね。


 それと、今日は何やらお客さんが来そうです。
 プラットフォームで声をかけて下さり、支援して頂いた方が、カボチャを届けてくれるんです!
 嬉しいですね。
 もう二人、かな、来る予定みたいです。

 生憎天気は雨です。
 道中お気をつけてくださいませ。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2020-01