FC2ブログ

一年になりますね 

2012/03/11
Sun. 12:47

 あの大きな地震から1年が経ちます。
 地震のあった時間、その時はきっと怖かっただろうけど、不安だっただろうけど、生きていた人が大半だったと思います。
 その後の津波で失われた多すぎる命への黙祷は、いったいどの時間にすればいいのか……

 時間が経って思うのは、前に進んでいる人達がたくさんいるということ。
 その人達の中でも心の奥底ではあの日に留まってしまっている人がいるということ。

 眠れないんだよね~と、1月に友人が漏らした一言が忘れられないのです。

 冬になって、雪がちらつけば嫌でもあの日に気持ちが戻ってしまう。
 一年後の今日、夜から明日朝にかけて雪が降るようです。今日は降ってほしくなかったな。


 たくさんの支援と優しい気持ちを頂き、被災地ではみんな元気にしております。
 改めて、沢山の方々から助けて頂いた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
 どうもありがとうございました。

 私は岩手に住んでいるのですが、私の町でも沿岸の瓦礫焼却をしています。
 受け入れをする事を知った時には、嬉しかったですね。

 1年経っても山のように積み上げられている瓦礫が、来年の今日には無くなっていればいいのにと思います。
 その瓦礫の中から今年になって見つかったご遺体もあるようなので、未だ見つかっていない家族がそこにいるのではないかと見つめる方々もいることを思うと切ないです。

 日本では、どこにいても地震から逃れることが出来ないですよね。
 みなさまもどうか、まずはご自身の命を守れるように、何らかの対策を取ってほしいと思います。


 去年の今日、この時間、生活していた方々へ
 今は遠く離れているかと思いますが、ご家族やご友人、大事な人達の事をどうぞ見守っていてください。
 今地上にいる沢山の人達は、空にいる皆さんを決して忘れたりしないから、どうか、優しく見守っていてください。
 いつか、逢いに行くその日まで。

スポンサーサイト



[edit]

CM: 1
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

更新待ってました

更新ありがとうございます。いつも更新されてないかなぁなんて覗いているので、嬉しいです。お粥の支援まだ続いているんですよ。宮城と岩手の数ヶ所に送っています。最低限の日用品が何とかなっている今は、多くの人がまだまだ応援してますよというメッセージとして送っています。もう春の気配を感じることがあってもいい頃。次の更新も楽しみにまっています。

粥菜坊パパ #39BPID96 | URL | 2012/03/13 16:39 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://sanrikunoumi.blog97.fc2.com/tb.php/92-e0f21f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2020-02